カンボジア政府、電気自動車の普及に取り組み

カンボジア通信 No.22/38
5月29日版

プノンペンポスト紙によると、カンボジア国内で2022年前半に登録された電気自動車は84台で、前年同期比で9倍以上に伸びたことが分かった。カンボジア公共事業交通省が発表した。

 同紙によると、カンボジアでは2021年以降、合計で148台の電気自動車が登録されている。このうち38台は2輪車または3輪車だという。カンボジア政府は、「カーボンニュートラルに向けた2050年までの長期戦略」で、2050年までに四輪車の4割と二輪車の7割を電気自動車にする目標を掲げている。

 公共事業交通省によると、電気自動車の利点は、大気汚染など地球環境への負荷が少ないことに加え、コストが低いことだという。同紙によると、ガソリン車の場合100キロ走行するのにかかる燃料費は約10ドルだが、電気自動車の場合は4ドルだという。

 一方で、電気自動車の普及は電力消費の増大を伴うため、国内に発電所を増設し、また路上の充電ステーションの設置も増やすなどの対応が必要で、速やかに普及させるためにはさまざまな課題が残る。また、国内での製造は難しいため、電気自動車の輸入税を下げるなどの優遇措置を検討する必要もある。

 電気自動車は世界各地で急速に普及しており、欧州では2035年以降、ガソリン車とディーゼル車の新車販売が禁止されることになっているという。


メニューを閉じる