目的・事業

  • HOME »
  • 目的・事業

p-index2-1

目的

本協会は、次の目的を持って、次のような事業を実施してまいります。
 一、 日本及びカンボジア両国の相互理解を促進し、その友好関係を深める。
 一、 カンボジアの経済社会開発に協力する。
 一、 両国の貿易投資その他の経済関係を促進する。
 一、 文化、教育、スポーツその他各般の分野における交流を図る。
 一、 相互の深い理解と信頼の下に、アジアの平和と繁栄に寄与する。
 

事業

本協会の事業は以下の通りです。
カンボジアの事情(歴史、言語、文化、経済、社会、政治、外交及び安全保障を含む。)に関する調査研究及びその成果の普及
日本及びカンボジアに関する知識及び情報の各般の手段による他方の国における普及
両国間の経済、観光、科学技術、文化、芸術、教育、スポーツその他の分野における交流に関する事業
カンボジアの人材育成に資する事業、その文化財の保存に資する事業、その人道人権医療福祉に資する事業その他その経済社会開発に資する事業
カンボジアに進出する日本企業に対する助言、斡旋及び支援
両国の国民であって、他方の国を訪問し又は他方の国に滞在する者に対する支援(他方の国の国民との間の交流に関するものを含む。)
両国の非政府非営利団体が他方の国で実施する活動に関する支援及び協力並びにこれらの団体の両国間の交流の促進
両国間の留学生、教師及び研究者の交換並びにこれらの者に対する渡航その他の生活に関する支援又は協力
カンボジアの日本研究者の招聘及び日本のカンボジア研究者の派遣
両国における他方の国の言語の普及(日本語クメール語辞書の編纂を含む。)
日本及びカンボジア両国の関係に関する意見の収集及びその関係の促進に資する提言の発信
 会員相互の交流の促進
【参考】定款(PDF)

PAGETOP