若者グループがボランティアの美化活動を開始

カンボジア通信 No.21/12
2021年 2月12日版

若者たちのボランティアグループが2月、プノンペン、シェムリアップなど4都市でのクリーンアップ・キャンぺーンを開始した。プノンペンポスト紙によると、2月7日に実施されたプノンペンとシェムリアップ、バッタンバンでの清掃活動には合わせて444人が参加したという。

このグループはCreal Cambodiaと名付けられている。創立者の一人、ホー・チャイゴーンさんによると、このキャンペーンは、若者が街に出て、集中的にゴミ清掃をすることで、市民に街の美化を訴える活動。プノンペン、シェムリアップ、バッタンバンのほか、カンポットやケップにも広げる予定だという

チャイゴーンさんによると、プノンペンでは、チュロイ・チョンバーン付近の川岸を清掃。200袋、1.5トンものゴミを集めた。そのほとんどは、使い捨てのプラスチックごみやペットボトル、コップなどだったという。また、シェムリアップでは、学校の先生や生徒たち、警察官なども加わり、250袋、2トンのごみを集めたという。

Creal Cambodiaによると、こうした清掃活動を今年は毎月最初の日曜日に実施する、としている。

カンボジアでは急速な都市化と同時に、ごみ問題が深刻化している。首都プノンペンでは、カンボジア日本人会、カンボジア日本人商工会などが中心になって毎年11月に川沿いを一斉清掃するクリーンシティチャレンジが実施されている(2020年はコロナ禍で中止)。

Creal Cambodiaは、「ごみ問題や環境問題は、ここに住む一人ひとりに責任がある。まずは自分たちが作りだすごみに関心を持つことが必要」としている。


[日本カンボジア協会のご入会 ]
  こちらよりご覧ください

メニューを閉じる