Jリーグ初!清水エスパルスのユニフォームに『Cambodia Kingdom of Wonder』のロゴを掲載


Jリーグ初!清水エスパルスのユニフォームに『Cambodia Kingdom of Wonder』のロゴを掲載


2月22日、J1清水エスパルスと株式会社タイカのオフィシャルトップパートナー契約締結式が行われました。新シーズンよりユニフォームのパンツにカンボジアの国名と「Cambodia Kingdom of Wonder」(カンボジア観光省キャッチフレーズ)のメッセージが入ります。企業が特定の国名をユニフォームに掲載するのはJリーグ初のことです。

株式会社タイカは、静岡市清水区で創業し、衝撃吸収素材などを製造販売している企業です。鈴木大登社長は「生まれ育った地元への貢献、そして2012年より工場を稼働しているカンボジアの観光再建のお役に立ちたい」と、新型コロナウイルスの感染拡大で苦しむ現地の事業者を支援することも目的としています。
株式会社エスパルス山室晋也社長は、「日本とカンボジアの架け橋となる取り組みになれば、カンボジアの皆様にサッカーを楽しんでいただきたい」と今後はサッカークリニックなども予定しているとのことでした。

締結式には、ウン・ラチャナ特命全権大使も出席され「カンボジアでは若者の間でサッカー人気が高まっており、私の息子もその1人です。近々皆様が清水エスパルスの格好良いロゴを目にすることで、カンボジアのことを多くの人が知る機会になるでしょう。」と謝辞を述べられました。

カンボジア政府公認の取組み、かつJリーグ初のロゴ掲載であり、協会も在京カンボジア大使館、外務省との交流強化の一環として出席させていただきました。

メニューを閉じる