カンボジアワクチン接種始まる 中国シノファーム製ワクチン

カンボジア通信 No.21/11
  2021年 2月11日版    

カンボジア政府は2月10日、中国から寄付された60万回分の新型コロナワクチンの接種を開始した。クメールタイムズ紙によると、政府が発表している優先接種のグループは、国防省の軍関係者、各省の幹部、州知事ら行政のトップ、保健省や保健医療関係者、記者となっている。

 初日の10日には、フン・セン首相の長男のフン・マネ副司令官が、カルメット病院で「最初の接種」を受けた。

 カンボジア政府によると、接種を受けるかどうかは任意だという。また、中国製のワクチンの対象は18歳以上59歳以下に限られており、優先接種のグループに属していても対象外の年齢の人たちはワクチンを接種されない。カンボジア保健省は、「既往症のある人、アレルギーのある人、新型コロナウイルスに感染したことがある人」などへの接種は禁止する、としている。

カンボジアに対しては、中国が100万回分のワクチンの寄付を表明しているほか、インド政府も10万回分を寄贈する予定。また、国際的な共同購入ファシリティCOVAXを通じて、人口の20%程度のワクチンを確保できる、としている。

 一方、カンボジア保健省は、国外で新型コロナワクチンを接種した人でも、14日間の強制隔離を含む入国の際の防疫措置は例外なく適用される、としている。

 


[日本カンボジア協会のご入会 ]
  こちらよりご覧ください


メニューを閉じる