大阪市とともにカンボジアにゴミ収集車を寄贈

大阪市とともにカンボジアにゴミ収集車を寄贈

日本カンボジア協会(会長高橋文明、元駐カンボジア王国大使)は、このほどカンボジア王国に対し、駐日カンボジア王国大使館を通じて、大阪市とともにゴミ収集車10台を寄贈した。6月30日に大阪市環境局城北環境事業センターにて、ラチャナ駐日カンボジア王国大使、高橋会長らが参加してゴミ収集車の寄贈式典が開催された。

 ラチャナ大使によると、首都プノンペンの人口が400万人に達し、都市として成長するにつれ、ゴミの収集や処理が課題になっている。現在、プノンペンで稼働しているゴミ収集車は大型で、道幅の狭いプノンペンでは効率が悪く、渋滞を招き、悪臭もひどいために改善が必要だという。そこで、ラチャナ大使の要請を受けて、当協会が独自に調査のうえ、かつてJICAの支援で、日本では法令上役割を終えたが、整備をすればカンボジアにおいては十分活用可能なゴミ収集車を寄贈した経験がある大阪市と協議。同市の尽力により、整備された10台のゴミ収集車の寄贈が実現した。

 カンボジアにおいては、プノンペン都のみならず、環境大臣をはじめフン・セン首相を含む閣僚が経済発展の著しい同国首都の環境問題の解決に心血を注いでおり、長年、首都におけるゴミ処理事業を独占してきたが、その効率性に問題のあったシントリ社との契約を打ち切り、ゴミ処理事業の運営を公開入札にかけた。これには、日本企業も応札しており、協会としても、この分野において技術的先進性と競争力を有する日本企業のカンボジア進出を側面から応援していきたい。

メニューを閉じる